HOME>オススメ情報>目の下のたるみの予防法についてみていきましょう

目の下のたるみを予防しよう

目の下のたるみの予防は眼輪筋を鍛える、紫外線を浴びないようにする、コラーゲンを補う、マッサージなどで強い刺激を与えないようにするなどが有効です。

治療で目の下のたるみを取るための方法

最近話題の線維芽細胞

最近テレビでもこの線維牙細胞が活性化すると加齢によって失われていくコラーゲンやヒアルロン酸など目の下のたるみをとるのに必要な成分を体の中で生み出してくれると話題でした。これにアプローチするドリンクなどもありますので是非お試しください。

注入治療法による手術

目の下がくぼんでへこんでいるタイプの方にはヒアルロン酸や脂肪などをそのくぼんだ部分に注入します。

脱脂術という治療方法をとる場合

目の下にふくらみがあるタイプの方は前に飛び出した眼窩脂肪が原因ですのでそれを取り除く手術をします。

下眼瞼切開術という治療方法をとる場合

肌の張りがなくなり、皮膚が余っているタイプの方は余分な肌を切り取り、肌を張った状態で縫合する手術治療をします。

糸治療や照射法という手術

皮膚がたるんでいても軽度の場合は肌を切開することなく、肌の中に特殊な糸を埋め込んだり、コラーゲンの生成を促進するライトを照射したりする治療方法を用います。下眼瞼切開術に比べて患者の負担が少なくて済みます。

アンチエイジング対策を行う

医者

目の下のたるみは加齢と共に出てきてしまうことなので、どうすることもできないと考えている人もいます。しかし治療を受けることによって改善をさせることができるので、アンチエイジング対策をとして積極的に治療を受けるとよいでしょう。

どこに相談をするべきか

目元を触る人

目の下のたるみの治療を受けたいと考えているのであれば、美容外科や美容整形クリニック、美容皮膚科に相談をするとよいでしょう。完全予約制になっているクリニックが多いので、事前にウェブサイトにアクセスをして予約方法をチェックしておくとよいでしょう。予約を行い、カウンセリングを受けてから実際に治療を行うことになります。自分に合う方法を提案してくれるクリニックが多いので、どういう方法があるのかまず知る必要があります。

定期的な受診

女性

一度の治療で完全に目の下のたるみが改善する、という方法もありますが、定期的に受診をしてその都度効果を得るという方法もあります。ヒアルロン酸の注入など体に負担の少ない方法を選択した場合、その効果は数か月で切れてしまうということがあるので、効果がなくなってきたと感じたら、再度治療を受けるということになります。体への負担が少ない方法が良い、ということであれば定期的に通わなければいけないので、通いやすいクリニックを探す必要もあります。