目の下のたるみの原因は?

目の下のたるみの原因は、加齢などによる眼輪筋の衰えによって目の下の脂肪が増えて押し出されることにあると言われています。

治療手術を受けた場合と自己ケアの場合を比較

確実に治したいかどうか

治療手術はよほどのことがない限り、確実に治ります。自己ケアはどれぐらいで効果が出るのか、あるいは本当にそれで効果が出るのかがわからないところが最大の欠点です。よほど目に見える効果がなければ、このまま続けてよいのかどうか不安ですし、いつまで続けてよいのかわからなければほとんどの方は途中でやめてしまうからです。

短期間で治したいかどうか

治療手術はもちろん個人差もありますが、比較的短期間で終わります。しかし、自己ケアによる方法はこれももちろん個人差はあるのですが、通常はやはり長い期間努力を要することを覚悟しなければなりません。

お金をかけるか安くあげたいか

治療手術は手術法にもよりますが、やはりお金ががかかります。また、手術が終わったあともアフターケアで月に一度通院するといったランニングコストがかかることも覚悟しなければなりません。しかし、これもドクターに引き続き経過観察してもらえる安心料ととらえればそれほど高くはないかもしれません。自己ケアは家でやる分には、ほぼ無料で行うことができます。

個人差をどう考えるか

治療手術は治療方法さえ間違えなければほとんどの方が確実に治ります。それに対して自己ケアによる方法は個人差が大きく、そのやり方がはまった一部の方だけが成功するといったイメージでしょうか?上でも述べましたが、どうしても確実性にクエスチョンが付いてしまいます。

リバウンドがあるかどうか

手術は一度行うとそれで何年も持ちます。もちろん、アフターケアでの通院は必要ですが、一般的には経過観察だけでとくになにか努力を要するようなことはありません。自己ケアによる方法ではエクササイズを中止したりサプリメントを飲むのを中断したりするとリバウンドする可能性があります。

眼窩脂肪を除去する方法

目元に触れる人

目の下にたるみが出ていると、顔全体が下がって見えるので、年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。40代、50代ぐらいの年齢になると、眼窩脂肪が原因でたるみが生じていることが多いです。眼窩脂肪が気になる場合は、高周波レーザーを使って脂肪を取り除きます。レーザー治療のメリットは、表面に傷が出来ないので、とても自然な仕上がりが特徴です。眼窩脂肪を除去することで、目の下のたるみを改善できます。美容外科のクリニックでは、カウンセリングや診察に時間を掛けてくれます。比較的安全性が高く、腫れや内出血なども少ないなどのメリットがあります。美容外科のクリニックでは、繊細で高い技術を持った医師が担当してくれます。目の下のたるみ治療を行う前に、治療のメリットはもちろん、腫れやダウンタイムについても詳しく説明をしてくれます。目の下の脂肪を取り除くことで、たるみが目立たなくなり、若々しい印象になります。見た目の年齢を若くしたい人にお勧めです。

ヒアルロン酸や脂肪注入法があります

目元

30代から、40代ぐらいの年齢になると、皮膚のコラーゲンやエラスチンなども減少してくるので、目の下にたるみが見られることがあります。年齢よりも老けて見えたり、不健康な印象を与えたりしてしまいます。美容外科のクリニックでは、ヒアルロン酸や脂肪注入などのたるみ治療を行っています。ヒアルロン酸は優れた、保湿、保水効果があるため、お肌にハリや弾力を与える効果があります。脂肪注入法は、太ももやお腹から自分の脂肪を採取して、注射器で注入する方法です。脂肪注入法は安全性に優れており、アレルギーを起こす心配はありません。目の下のたるみ治療は、日帰りで治療が受けられるので、仕事や家事で忙しい人におすすめします。施術時間も短時間で終わります。